スポンサーサイト

2013.01.27 Sunday author : スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |

Anniversary tour 5×10 1月17日 in 名古屋

2010.01.31 Sunday author : ちひろ
JUGEMテーマ:ジャニーズ
JUGEMテーマ:
JUGEMテーマ:松本潤




 DVC00087.jpg


やっとこさ完成というか、書き上げました。
最近、仕事が急がしくてなかなか取りかかれず。
久々、穏やかに時が流れる2連休。

暇だったので、過去のチケットを並べてみました。
ジャン↓

DVC00085.jpg


明らかにおかしい、Timeのチケットの数(笑)
そして、就職して1年目だったにも関わらず、
7回も言ったシック。
そして、やたら多い『緑』カラーのチケット。
チケットのサイズが変化していることに、
経費削減か?と感じる今日この頃。

冬のコンサートは、おばーの家に行く都合で参加できてなかったけど、
過去のチケットを見ると色々と思い出すものがあります。

予算の関係で、遠征に行き始めたのは就職してからだけど、
大阪には行ったことがない。
ドリアラの時、宿まで手配したのに落選という結末に終わってから、
一度も申し込みはしていない。
いつか、大阪でコンサートに参加することを夢見てます。

さて、今何してるかというと、

チャームの謎を自分の目で確かめるためにね。
『スッピン嵐』
見ながらカチカチとキーボード打ってます。

見事に劣化したVHSの映像。
10年という月日は、大切な映像まで奪ってしまうものなのか???
ぜひ、キンキの時みたくDVDで再販してほしい。

しっかしまぁ、見てる私が恥ずかしくなる(笑)


真黒カラスのような衣装とか。
翔君への愛がたっぷり詰まった潤君の発言とか。
智君の変わらない最後の挨拶とか。
とにかく懐かしい。
明日に向かってなんて、今回のツアーを思い出し泣けてくる。
そしてチラチラ映り込む斗真だったり、仁だったり。
月日を感じる。

そんな中、客席に真っ先に飛び込む潤君だったり、
今と変わらない手の振り方をするましゃきだったり、
客席を煽るニノだったり、
妙なリズムとる翔君だったり、
嬉しそうに客席見て微笑む智君だったり。

10年たっても変わらない嵐が映像に詰まってます。


チャームの謎は定かではないが、


ピンクオレンジ
衣装は確かにこのカラーである。

誰がこんなこと考え付いたのだろうか?????


いつもの

にすればいいのに、
こういう、細かいことまで細工するあたり、
嵐らしいよね。



さーて、下にラストの私なりの視点を張りつけます。






 
Arashi Anniversary tour 5×10 



1月17日 天気

私の時計で16時7分スタート。
最後の最後にして、ハッキリと円陣を聞くことができました。

そして、今回のツアー。
ありがたいことに6回参加させていただいたのですが、
初日に1塁側(右側)から見た以外、その他は全て3塁側(左)でした。
国立ラストは、かろうじて正面といえたかもしれないけど。

レポ書き始めたものの、メモが読めない(笑)
今までで、一番読めないレポ。
もはや、解読不能だもん。
そんでもって、やたらましゃきのレポばっかりなの(笑)
時に出てくるThey武道の山本亮太君の文字。
これは、明らかにキンキのコンサートのせいです。
オイオイって自分で突っ込み入れました。
智君ファンの方が読んでたらごめんなさい。
ほっとんど、メモされてないんです…。



<OVERTURE >
・感謝カンゲキ雨嵐
ここから、涙ボロボロ。
前にも書いたけど、暗転した瞬間から出てくる涙。
これでもかってくらい、溢れ出るの。
メンバーの顔なんて、見えやしない。
ただただ、『深い愛おしさは〜嵐〜♪』を全力で言いました。

ココは本当に泣いた記憶しか私にはないんです。
そんな中でも、輝くポンパな男の笑顔はハッキリ目に焼き付いてます。


・Lucky Man
(挨拶)
M:『イエ〜イ!x3 準備はできてんのか〜?
  足んね〜ぞ 全然足んね〜ぞ
  ラストだぞ〜!x2  盛り上がるしかないでしょ〜!!
  皆で幸せになろーぜー 楽しみましょうっ!!!』
  

N:『いらっしゃいませ〜x2盛り上がれんのか〜?
  今日は何も考えないであばれろ〜〜〜〜!!』
   

A:『盛ーり上がってんの〜?もっと!もっと!
  もっと!もっと!最高だぜっ! 』


O:『ハ〜イ!x3最後の名古屋祭りだ〜!よろしく』


S:『名古屋、調子はどうだ!x2 上のほう調子はどうだ!x2 
  下のほう調子はそうなんだx2 名古屋ドーム調子はどうなんだ? 
  俺らは準備出来てんぞ!皆はどうだ?どうなんだ?   
  こっちは準備出来てっぞ! 名古屋ツアーファイナル最後までよろしく!! 』


・風の向こうへ
N:名古屋、手たたけ〜!
潤君と雅紀側のフロート。
最後まで潤君は煽ってた。
そして、メインステに戻った雅紀は、みんなにお手振り。
フフフ。私は、発見。バックステに山亮がいることを(笑)
さすが、キンキ3日間通っただけのことあるわ。
それまで、一切彼のことを気にしたことなかったのにね。

・We can make it !
相変わらず、翔くんはキレキレにダンス。
『今ここから〜♪』の時、指さした後に雅紀はニッコッ★
カッコイイ〜。
にも関わらず、雅紀は一度振り間違えてた(笑)

・Crazy Moon
『イタイダケ♪』の潤君。
画面にアップで抜かれた後、光るは顎から流れる汗〜〜〜。
これが、妙にセクシーだった(笑)
ここは相変わらず、翔潤のシンメにギャーギャー言うよね。

・PIKA☆NCHI
あの重低音。そして、濁点混じりの歌声。
見るのも最後なんだーって思ってたら、
見つけてしまった山亮(笑)
上段の左から2番目にいらっしゃいました。
そして、双眼鏡追ってたら、『高橋です』の彼も発見(笑)
『なーくしてもー♪』の部分は声が出なくなってました。
それにしても、ビジュアル的には国立辺りがベストですね。
そろそろ、切ろうよ、ましゃきーーーー。
これまた、滴る汗にドキっとさせていただきました。


・HORIZON
M:『懐かしい曲いきまーす!行くぜ〜名古屋、飛べ!ジャンプ!x4』
メインステで、左がOS 右がNM
ニノと潤君はすれ違いざまにハイタッチ。
中央では、出てきた雅紀が片足でピョンピョンでぃてました。
潤君は振りやってたね。

・DANGAN - LINER
・アレルギー
末っ子2人で歌うところ、
鳥みたいに2人で首をカクカクさせて楽しんでました。

・ココロチラリ
S:『上のホーオ』って叫んで、大きくお手振り。
ムービングの上で、ニノと潤君はしゃがんでファンにお手振り。
そして、最後はジュニアと共に踊って、最後はジャンケン。
もー、末っ子可愛いわぁ。

・CARNIVAL NIGNT Part2
メモには、『もっとこい!!ラストだぞ〜』って誰かが言ったそうです。
もう、さっぱりおぼえてねえ(笑)
ひたすら、C&Rを言ってました。


・言葉より大切なもの
言うことは一つ。
映像化強く希望!!!!!!!!!
このツアーで、一番テンション上がったのが毎回ながらココです。
ニノが男前過ぎて、何度打っ倒れそうになったことか。
楽しそうにギターを弾く姿を、最後に目に焼き付けてきました。
あの歌声と音楽。忘れることはないだろう。


<バンド紹介>
最後に翔君と雅紀がダンスバトル〜!!!

・Everything
バックに映る、名古屋ドーム。
やっぱり、ご当地ものだったんだね。
国立。どうでしたっけ????
そして、『渇いた心 潤して♪』の歌詞の時、
画面に映ったのが潤君でした(笑)
ネタか????


・瞳の中のGalaxy
翔君と雅紀で仲良くおしゃべり。
詳細はMCで。
どうやら、反対側ではファイナルラブやったとか???
見てません…。
いつも、左側を見てしまう習性が仇となりました…。

・アオゾラペダル
曲がこれに変わる瞬間、潤君はルンルンでお手振り。
ピョンピョンと飛んでメインステに降りてました。

・台風ジェネレーション
ニノのセリフ。普通な感じで言ってました。
高速トロッコで潤君は智くんとバックステへ移動。
何も持たず、颯爽と乗り回す姿は、さすが。乗りなれてるだけあるわ。

・曇りのち快晴
木の下に、山亮発見(笑)


・a Day in our Life
S: 『名古屋ドーム 楽しんでるか?×2 ツアーファイナルだッぞ!
   たんねーぞッ まだいけんだろ 
   上の方×2Come on Everybody say,Oh Yeah!X2
   下の方×2下の方、下の方、Come on Everybody say,Oh Yeah!X2
   まだまだ聞こえねーぞ!!カモン!Oh Yeah!x2もっとx4』
いつものように、SAMNOの順でフロートに乗って登場。
翔君の煽りが、私のツボでした。
まだまだ〜って辺りが、ちょっと巻き舌っぽくなっててさ。
そして、ニノの重低音が、いつもより聞こえた気がする。


・ハダシの未来
・Oh Yeah !
M:『名古屋ー!!!揺らせ〜〜〜』
そして、潤君はジャンプ×4と煽ってくれました。
これ、相変わらずめっちゃテンション上がる。
そして、雅紀の片足ピョンピョン飛びを見ると、
自然と笑顔になるんだなぁ。
気が狂ったように、飛びまくってきました。
丁度、私の席の前が通路だったもんで、
何度その通路に落ちそうになったことか(笑)
今回は、翔・雅紀のリレー対決はなし。
だけど、ジュニアを引き連れ、猛ダッシュしてました。
途中、
M:『ヘイ!名古屋〜楽しんでるか〜?…ジャニーズJr』とジュニア紹介。


・Step and Go
・Beautiful Days

(MC)

・とまどいながら
翔君のナナメ45°(笑)

・WISH
ステッキ持った山亮発見(笑)
やっぱり、花男だけになった映像に納得できん…
アップテンポのダンスを踊った後、
ハーハーと肩で息してたことは忘れられない。

・僕が僕のすべて
トロッコで、雅紀と智君はバックステへ。
翔君とニノはメインステへ。
潤君が登場し、NMSで並びます。
けっこう、がっつり踊るこのダンス。
肩が動くダンスが印象的でしたね。
結局、バックステの2人は一度も見ずに終わったよね。
ラブチュもそうだけど、別れてしまうと、
潤君がいない側が見れないのが残念です。


・Attack it !
やっぱり、ムービングはクロスしてたね。
『笑顔に紛れた大怪獣♪』ってところ。
今まで意識してなかったのですが、ニノが熊の手みたく
怪獣のポーズ取ってるのが可愛かった♪
やっぱり、あのジャンプの5連発はしんどーい。
雅紀は、歌詞間違えるし、誰かは『ジャンプ』のリズムが取れなくなってたよ。
国立の頃は、みんな揃わなかったC&Rが完璧に。
半年ってすごいね。

・Truth
やっぱり、潤君の腰クネンが気になる。
足上げVerが好きだったなぁ。
なんやかんや言いながらも、やっぱりこの曲はカッコイイよね。


・明日の記憶
もう、毎度のこと。
翔君の過去映像に涙ロックオン。
結局、あんまり潤君は見ないでこのツアーが終わってしまった気がする。

しっかし、横でニノのファンが『ニノー』って叫びまくってて…。
あまりにも煩いから、睨んでしまいました…。

(VTR)
紅白の映像や、オリコン4冠達成の映像が追加。
S:『年末には初めて紅白に出させてもらい、
  本当に沢山の人に嵐の曲を聞いてもらえました』
相変わらず、同じ所で号泣。
毎回同じ所っていのもね、いい加減、映像に慣れなさいと思うけど。
いつも以上に、涙が止まりませんでした。


ここから、ほっとんどレポされてない(笑)
本気で楽しんでたんだろうね。

・A・RA・SHI
翔君、ラップ部分で『どっかで↑かっこつける↓』って歌い方するけど、
この日はオリジナルに近い感じで歌ってた。

・SUNRIS日本
・君のために僕がいる
・時代

・ナイスな心意気
最後に、翔君と潤君が2人で話してた★☆★

・PIKA☆NCHI

・とまどいながら
・言葉より大切なもの
・Hero
・サクラ咲ケ
・ISH
・きっと大丈夫
・Love so sweet

・Happiness
翔君・雅紀。2人でジャンプ!!!
しかし飛び跳ねまくった結果、雅紀は倒れこんでた。
そんな雅紀を見捨てて、翔君は走ってってしまいました(笑)
映像では、旗の映像が印象的。

・Believe
最後なんだ〜って思ってたら、
勝手に出てくる涙。
もう、涙ぬぐいながら踊る5人を食い入るように見つめてました。
翔くんのラップ、テンション上がってんのか、
いつも以上に力が入り、手の動きも激しくなってました。
噴水もそうだけど、やっぱり花火の方が私には印象深いかな。


<挨拶>
メモを読みながら、すでに涙です。

翔君
え〜、皆さん!今日は本当に有難うございました!今日でファイナル。
ちょ、寂しいっすね。
半年に渡るツアーのなかで沢山のおめでとうを言ってもらったし、
沢山の有難うを伝えることが出来ました。
ありがとうやおめでとうはいくら言っても、
言ってもらっても足りることってね〜んだなと思った。
何度言われても嬉しいんだなっーて。
今までも、今日も、僕たちをこのステージに立たせてくれて、
有難うございました!これからも宜しくお願いします!


智君
どうも有難うございました!
本当に、去年から始まった10周年ツアーを回って、
沢山のおめでとうを言ってもらいました。
本当に感謝です。皆がライブに来てくれるってことは。
これからも、ライブを続けていきたいと思います。
いっぱい思い出をつくっていきたいです。
また皆に会いたいです。
そして、今年も宜しくお願いします!有難うございました。


雅紀
今日は有難うございました。今日は本当に楽しすぎて、
楽しすぎて中盤ちょっと抜けてます(笑)
平均、27歳中肉中背の男子の体力の限界を超えて、新たな道も見えましたし。
今日で終わりますけど、新しい始…まりだな…
大事なとこで噛んじゃった(笑)
これからも頑張ります!今日は有難うございました


ニノ
有難うございました!誰1人欠けること無くやって来れて良かったです
今回やって、5人でいることの楽しさや可能性をすごく感じました。
自分で想像したものが形になっていく、そういうグループにいれて本当に良かったです。
それもこれも、皆の応援のお陰です。ありがとうございました。
本気で何か1つのことをやると、こんなに大きな愛や力が充満する。
すごくいい場所です。僕も本気で、腹筋してみよう、と思いました(←泣きまね)


潤君
今日は、本当にありがとうございました。
1999年にこの5人で嵐ていうグループ名を貰って、
デビューして…
本当に、10年というのは、短くもあり、長くもあり…
その10年を誰1人欠けることなく、5人で1歩ずつ、歩いて、きました…
10年経って、こんなにも大きな愛のある空間を一緒に作れたのは…
すごく、良かったです(ほほ笑む潤君)
一生懸命やってきて、この5人でやってきて・・・
そして皆と一緒にいれたことは、本当に幸せだなって。
最高の仲間と、最高のファンと出会うことができて、すごく力をもらえました。
11年目は始まっていますが、頑張っていきます。
これからも嵐5人を、よろしく、お願いします
最後に、嵐からこの曲を送ります・・・


もうね、潤君は泣くのをこらえてるのがよくわかった。
話がポツポツと途切れるの。
画面に映る潤君の瞳は、
やっぱり潤んでた。
そして、翔君。
丁寧な言葉ではなく、『足りることねーんだな』って言葉使いからも、
感動してるんだろーなって。
これぞ、コンサートの醍醐味だよね。
彼らの思ってることを、直に聞けるっていう。
作り込んだ姿ではないもん。


・5×10
毎回ながら、メンバーの方を向いて歌う翔君の姿に号泣。
そして、途中から雅紀もメンバーの方見て嬉しそうに歌ってて。
潤君も、何度も胸に手を置いて、歌ってた。
こらえてたんだろうね。
そんなメンバーの姿を見てたら、
出てくる涙も増える一方で、
『ありがと〜♪』のタイミングで、バックステ側の前列の方に、
『5×10 Anniversary Tour お疲れ様でした!ファン、スタッフ一同』との横断幕が。
このツアーが本当に終わってしまうんだと実感したよ。
嬉しそうに、それを見つめる5人。
こういう演出、スタッフスタッフの頑張りを感じる。
なんていうの『チーム嵐』っていうの?
いつも翔君が、スタッフへの感謝の意を述べてるけど、
縁の下の力持ちがあってこそ、コンサートは成り立つと思う。
すっごい団結力なんだろうなー。

最後のLa la la la~では、ファンも含めて、みんないい顔してたよ。
この曲を歌ってる5人を見て、
嵐のファンで良かったってつくづく感じた。


それと同時に、この数年間、相方と一緒に嵐を応援してきたにも関わらず、
一人で名古屋に入ってしまった後悔が襲ってきたのは事実…。
何してるんだろうって…。
そして、ずーっとずーっと10年以上、休むことなく応援してきた友達よりも、
私なんかがこの公演に入っていること。
申し訳なくなってきちゃって…。
色々頭の中に巡ってしまうものがあったんだな…。




<-アンコール- >
ここからは、涙もすっとび、笑顔だけが溢れてました。

・PIKA★★NCHI DOUBLE
「動きはじめた〜」から、メンバーがおかしくなる。
ましゃき:いつでもここにいるから〜↑
翔君:あの時あの場所でまた会えるから〜↑
潤君:いつでも僕もいるよ〜↑
ニノ:俺…言うとこね〜よ(笑)
嵐:爆笑
智君、普通に歌う


・明日に向かって
翔くんの『ソレソレ〜♪』

・できるだけ
ましゃきが、カメラに張り付いてる写真みたいなのを
ほっぺにくっつけてました。

・One Love
これがまぁー可愛かった。
『雨の中で〜♪』の辺り。
ニノがましゃきに向かって、肩をポンポンと。
負けじと、ましゃきのソロでちょっかい出してました。
これで終わりかな?なんて思ってたら、
ニノとましゃきで、翔君にちょかいを(笑)
歌い終わったあと、翔君は『おいッ!!!』って突っ込みを入れていれてました(笑)
そして、潤君のソロ。
中央で膝をついて歌う潤君。
その後ろでニノ・翔君・ましゃき・智君の並び順で、
潤君に向かって指さしてました☆
なんか、こういいう光景って、ほのぼのするよね☆
翔君は、ジュニアと握手とかしてたなぁ。


この後、『俺らの名前はなーんだ?』の時、SNMAOで並んでたのに、
なぜか潤君は一番左へ。
最終的にはSNAOMとなってしまいました。
なーぜだろうね?
まぁ、最後は『あらしー』で締めくくりました。



<-ダブルアンコール- >
・ファイトソング
智君は『比べった時点で負っけってるぅ〜アウッ』(笑)
このキャラ、貫き通したね。
翔君も、『人は人、そう自分は自分』だったな。
潤君の『それではお手をはーいしゃく』の後、
ぶんぶん腕振り回してたら、次の日筋肉痛。
そして、ペンライト見てみると、電池が無くなってた。
やっぱ、ボタン電池やーだー…。
北海道で変えてるのにさ。


・五里霧中
メモには、よく分からん暗号が(笑)
この時、ステージから降りて潤君は3塁側のお立ち台へ。
ましゃきは1塁側だったかな。
煽りまくる潤君。
もう、あんたはターザンか?ってくらい華麗にジャンプして台に上ってきてました。
席移動もあんまりなかったせいか、潤君は終始ご機嫌。

メインステに戻った後は、
バンドメンバーに合わせて『ジャーン』で終わるのですが、
最後ってこともありなかなか終わらず。
M:『みんな〜、飛べとべ〜』の合図とともに、
四回くらい、やったかな。
さすがに、みんなゼーゼーハーハーしてました。


M:最高だった!もう悔いはない。結構出しきったぜ(会場・・・エエエエー???)
  出し切ったけど(笑)
  俺たち!楽しかったです。アニバーサリーツアー、
  皆に沢山おめでとうを言ってもらって、
  凄く力をもらったので11年目に突入した2010年も、
  嵐らしく突っ走って、いやちげーな。 
  一歩一歩やっていきたいと思います
  また皆に会って幸せになりたいです
  ね?猪木さん?

S:元気ですか〜?1・2・3・・・だあ〜!
  もう悔いはありません。どうも有難う。ビックリしたわ(笑)

M:昨日からやりたそうだったからね。

S:疼いちゃってた。

M:櫻井さん?

S:えッ?あ、そういうことか(笑)
  毎月コンサートがまちどうしくて、楽しみでしたッ。
  また、こんな時間を過ごせたら良いなと思います!

A:いやー、人ってこんなに良い顔出来るんですね!!
  皆、すごくいい顔してました

M:お前が1番良い顔してるよ(メンバー大爆笑)

A:皆もいい顔してるし、ステージ見たら嵐の4人がいい顔してるし、
 俺嵐のことが大好です!これからも嵐を好きでいてください

O:なぜか、ギャル男風になる智君…
  俺も嵐が大好きだからさぁ〜みんなのことも大好きだからさぁ〜マジ頑張るからさぁ〜。
  これからも、ジャンジャン、嵐についてきてくれよな。よろしく〜。(4人爆笑)

M:11年目にしてキャラ変え?(笑)

N:ありがとうございました。おじさん感動しちゃったよ!最後の垂れ幕も感動しちゃった。

M:あれね、ヤバかったね。あのキラキラ無かったら、直で見えて泣きそうだったもん

N:凄かった…みんな、持っててくれて有難うね〜。

O:あれは、やられたね〜!(普通キャラ)

N:キャラは?

O:あ…(苦笑い)

N:もう忘れたのかよ(笑)

S:明日までもたなかったね

M:では、次行こう。11周年になったことだし。
   というわけで、この廊下で寝やがった男のドラマの曲

A廊下ボーイの野生児なんで(笑)…


・マイガ〜〜〜〜〜〜〜ル
これがね、ましゃき・潤君で並んで、ましゃきから肩組んで、ニッコニコな潤君。
そして、センターステージに移動するんんだけど、
なぜか潤君…大笑いして膝から崩れ落ちてました。
何言った???まさしゃきーーー。
もう、その光景にモデルズファンはどんだけの、喜びの涙をながした事だろう。

と、画面を見てみると、感動のメッセージが。

翔君:絶景でございます
智:泣いてなんかないよ?
雅紀:世界中に嵐を巻き起こします
ニノ:変わらない進化
潤君:僕にとって嵐は「宝物」です

くううううう〜、嵐君たち。
泣かせる演出なこと。

そして、智君は翔君のケツを蹴ってました(笑)
相変わらず、潤君は翔君のことを見てるのに反応なーし。
最後くらい、かまってやれー(笑)


<-トリプルアンコール- > 
ステージ裏から、中継。
ASMNOの順で並んでます。
M:どうした?まだやんの?え?何?聞こえな〜い…せ〜の!
会場:あーらーしー
A:嵐って言ってるみたいだけど
M:何か、あの辺で笑ってるって事は違うみたいだよ(笑)…やって欲しいの?
S:やりたい人〜?
会場:はーい
M:やりたくない人〜?
会場:・・・
嵐:おおおお〜すげー
M:これで同じくらい声あったらショックだよね(笑)
  マイガールで終わりっつったじゃん!
  やんの〜?やんの〜?
N:やりますか?
S:でも、やれる曲ってある?
O:出し尽くしちゃったんじゃん?」
N:やるとしたら、MADE IN JAPANくらしか・・・
会場:笑い
S:嵐の曲じゃないから(笑)
N:じゃあさ、何やる?あれやっちゃう?
M:2010年一発目のあれ?
S:やっちゃう?じゃあさ、Are you Ready?x3
会場:イエーイ
声が小さかったようで…
M:じゃあ、お疲れ様でした(消えようとする)
S:準備はいいか〜?x3
2010年一発目の曲〜


・Trouble maker
メインステに散らばる嵐達。
MNSONって順だった気がします。
うっすらしか覚えてないんだけど、
映像がデビュー当時からの年数が1999年から2010年まで映し出されていました。
メンバーのポスターの写真とかもね。
ちゃんと、映像とかも見たかったのですが、
『スウィスウィ』や『ドゥイッドゥイッ』が楽しすぎて。
こりゃ、コンサートでのブチアゲソングの仲間入りしそうですな。


本当に最後、潤君の提案で三本締めに。

確か、シックの時か何かもやってたよね?


ニノ:楽器おいちゃいなよ!!!(バンドメンバーに)
潤君:皆もウチワペンライトとか置いてさ
会場:一斉に手持ちの物を置く
ニノ:ペンライトの威力すげーな


潤君、マイク通さず
よぉ〜お

三本締め


潤君:これにてお開き!!!!!!!!





長々とレポを書かせていただきました。
ホント、思い返しても涙と笑いと。
色々と混ざり合ったツアーでした。

改めまして、本当にお疲れ様でした。

2009年の真夏に始まったツアー。
最後は真冬に終幕という長いツアーでした。


正直、終わるのが悲しかった。
でもね、『これにてお開き!!!』っていう潤君の言葉を聞いた時、
次の一歩を踏み出そうと決意できました。
余韻は残るけれども、スッキリとした最後を送れたように感じます。

私にとっても、有終の美をかざることができたのかな。


10周年のツアーに参加すること。
それだけを願って過ごした2009年。
職場を辞めよと思ったけど、
嵐のコンサートがあるから辞められずにいた。
休暇とか取るのも、新しい環境に移ってでは難しいと思ったから。
だけども、2010年は将来の自分を見据えて、
色々なことに前向きにチャレンジしていこうと思います。



このツアーで、助けていただいた色々な方々へ。
本当にありがとう。



| Anniversary tour 5×10 | 23:59 | comments(0) | - | pookmark |

スポンサーサイト

2013.01.27 Sunday author : スポンサードリンク
| - | 23:59 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT
<< スウィスウィ | Main | 無事で良かった… >>